トールペイント

冬のオリジナルキャラクターたち

011

気付けば定番化。色んな作品に登場してもらっていますhappy01

※左下の小さいリースだけ古屋加江子さんデザインです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

銀座ソレイユ第15回トールペインティングコンテスト

明日から3日間、銀座フェニックスプラザにて開催。

このたびも一時審査を通過しまして、飾ってもらえることになったので

私は最終日に行く予定ですhappy01

すぐ近く銀座ソレイユ本店でも色々イベントを行うようなので楽しみです♪

019

今回はこちらの本型ドールハウスを出品しました。

中が部屋になっていて、ミニチュアトールペイントが沢山入っています。

不思議の国のアリス、ハロウィン、クリスマスの3ヴァージョン。

会場に行く予定の方、良かったら中をじっくりご覧下さいeye

ブログの方では展示が終わってから中身を公開いたしますhappy01

会期:11月11日(金)~13日(日)、10時~18時(最終日16時閉場)

会場:銀座フェニックスプラザ

(東京都中央区銀座3-9-11 紙パルプ会館2F)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アッセンデルフトの木靴

Photo

木靴といえば、やっぱりオランダ。

ということで、オランダの伝統技法、アッセンデルフトで描きましたart

23cmで私にはちょっと小さいので履けませんが(普通履かないかcoldsweats01

飾り用に。落ち着いた色合いで秋のインテリアに馴染みそうmaple

デザイン参考:四季の花のペインティング/日本ヴォーグ社刊行より

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ローズマリングの絵皿

Dvc00030

本来、宗教上の理由か何かでローズマリングはベース色に

紫をあまり使わないと聞いたんですが、本に載ってたこの色合いが

何だか北欧っぽくて可愛かったので描いちゃいました。

先日描いたマトリョーシカとあわせて飾ったら可愛いなと思ってhappy01

やっぱり小嶋先生(←私のローズマリングのお師匠さんです)の

デザインとか色使い可愛いなぁart

デザイン参考:フォークアートを楽しむ4つのトールペインティング

日本ヴォーグ社刊行内 デザイン:小嶋芳枝

小嶋先生はトールペイント界では結構有名?な先生なんですが

気取ってなくて明るいとってもいい先生でした。

以前東京から仙台まで月に1度教えに来て下さっていて、

4~5年かけて卒業しましたが、色やデザインの勉強にもなったし

最近はローズマリングのカリキュラムを希望される生徒さんも

少しずつ増えてきて、大変だったけど卒業して良かったなぁと

思う今日この頃です。続けるって大事ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒマワリのコースター

Photo

最初、一日体験用にと思って描いたんですが

ちょっと手間がかかってしまったので却下coldsweats01

でも可愛いので教室で使ったりしてますcafe

052

暑いとアイスコーヒーが美味しい☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶり

Dvc00036

すご~く久しぶりにローズマリングを描きました。2年ぶりくらい?

描き方忘れて無くてよかった(笑)

オイルは後片づけが大変なので、1日で仕上げちゃいました。

あとは乾かしておいて、横浜から帰ったらニスかけしようart

| | コメント (2) | トラックバック (0)

余った木箱

059

お弁当の箱かなんか余ってたので…

072

小物入れにいいかと思って描いてみましたart

デザイン参考:ヨーロピアンヘリテイジ/森初子著より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HAPPY BIRTHDAY☆

027

今日は、幼馴染のNちゃんの誕生日ですcuteおめでと~birthday

ヒマワリのように明るく強い人ですので、ヒマワリのメッセージボードを

プレゼントに描きましたpresent

和訳:「青春とは人生のある時期ではなく、心の持ち方を言う」

Nちゃんとは、青春の真っ只中を共に過ごしましたし、

会う頻度は減ったものの、これからも

一緒に過ごしていくんだろうと思います。

いつまでもヒマワリのような明るく輝く人でいてねsun

| | コメント (3) | トラックバック (0)

夏色アッセンデルフト

7

7月に入ったので飾り物を夏向けに。

久々に正統派のアッセンデルフト(オランダの伝統的な描き方)を

描きましたartやっぱりアッセンデルフトは華やかだな~。

デザイン参考:四季の花のペインティング/日本ヴォーグ社刊行より

| | コメント (2) | トラックバック (0)

この本欲しい

Pap_0014637d2thumbnail2_3

ブティック社刊行で今月発売されたらしいんですけど、

この辺の本屋さんにに売ってない…catface

中身見てから買いたいけど、またネット購入かな~ book

ヨーロッパの伝統的な描き方の本なので、

買って損は無いと思うんですけど。

やっぱり昔ながらの描き方って素敵なんですよね~art

その国その国によって、デザインや色合いに特徴があって

時代背景なんかも見えたりして興味深いです。

たとえば、北欧は冬が長く暗い時期が続くから

なるべく鮮やかな色合いにして部屋を明るく見せたりだとか、

貧しくて彫刻のほどこされた家具を買えない農民が

似せるために彫刻のデザインを絵で表現したりだとか。

フォークアート=「庶民の絵」ですからね。色々工夫されて

今に至るんだなぁと。 奥深いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧