« 小さなお客さん | トップページ | 7月のお試し体験 »

年をとるということ

254

先週、久しぶりにお婆ちゃんのお見舞いに行きました。

いつもブログに登場する手作り好きのお婆ちゃんではなく

父方のもう一人のお婆ちゃんです。(今年で89才)

もう十年近く、母と二人、自宅介護を続けてきたんですが

痴呆がひどくなり、完全に寝たきりになってからは

父にも手伝ってもらい3人がかりで頑張りましたが

様々なトラブルや多大なストレスに全員がまいってしまい、

最終的には母が病気になるという最悪のケースを迎え

今年1月、施設にお願いすることに決めました。

介護を経験したことがある方はわかると思いますが

キレイ事では済まない、大変な経験でした。

小さい頃、両親が共働きだったため、

私はこのお婆ちゃんに育てられました。その事もあり

20代前半の頃から介護を手伝い始めたんですが

それでも体力的にも大変でした(特に入浴とオムツがsweat01

なので、年をとってから介護をしなくてはならなくなった

人達は、本当に大変だと思います。

まして、他に手伝ってくれる人がいなくて、

一人で抱えなくてはいけないとしたら…

最近、介護問題で殺人まで起きてしまうという

悲しいニュースが多くなってきました。けれど、

そうなってしまう現実が、痛いほどわかります。

うちはとりあえず今は落ち着いていますが、

今は元気だけど、もう一人お婆ちゃんがいるし、

両親も年々年老いていきます。

早めに介護に携わってきたので、それなりに覚悟?

は出来ているつもりですが、全てが一気にこられたら

どうしよう…coldsweats02 と不安でもあります(←考えたくないsweat02

それは遠くて近い未来。

だからこそ、今出来ることはやっておこうと思うんです。

私にとって、今は人生の夏休み。

興味のあることはなるべく経験して、悔いのないような

時間を過ごしたい。これから大変な何かが起こっても

その経験が自分を支えてくれる土台になるように。

どんな状況でも楽しみを見つけていける気持ちを

忘れないでいられるように。

おそらく今の私の年代の人は、介護より子育て世代。

あまり現実味を帯びて考えている人はいないのかも

しれません。私は生徒さんや友達(?)に50~60代の

方が多いので、より考えさせられる機会が多いです。

これは本当に難しい問題ですが、

向き合っていかなければいけないことで…

でも、家族だからこそ変わっていく姿を見るのは

辛い…お婆ちゃんが私のこともわからなくなってしまい

介護を拒否して叩かれたり引っかかれたりした時は

本当にショックでした…weep 

(痴呆が進むと凶暴になったりするケースがある)

施設やプロに任せるのが一番だけど、

金銭的な問題に加え、何百人待ちという現実…

今、介護問題を抱えてる方は沢山いると思いますが

どうか一人で抱え込まず、息抜きを見つけながら、

助け合いながら、やっていけたらと

心から思います…

本日は、朝から長文になってしまいましたcoldsweats01

この記事を最後まで読んでくれた方、

ありがとうございましたclover

今日で6月も終わり。

元気に7月へと踏み出せますようにsun

|

« 小さなお客さん | トップページ | 7月のお試し体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。ペコリ(o_ _)o))
私はほんのちょびっとですが、夫の祖母の介護を手伝った事があります。
幸い祖母の何人もの息子や娘達が近所にいるので
交替で看ていたのですが看きれず
施設にお願いしました。(2年待ち)
数年前に他界しましたが
老人性鬱で妄想とイライラで大変でした。
そのお礼の気持ちもあり
お世話になった施設で歌とトールのボランティアをしています。
家での介護は本当に大変だと思います。
夫は兄弟がもういないので、今から恐怖です。
お金も無いので施設には入れられません・・・

レノちゃん食欲が出たようで良かったです。
早く体力が回復すると良いですね。

投稿: はな | 2009年6月30日 (火) 21時55分

はな様

施設にお願いするのも、介護者本人の年金で
何とかなればいいんですけどねsweat02
うちはお婆ちゃんの年金がごくわずかで
とても間に合わないので、皆でカンパしあってる状態ですcoldsweats01
両親はもう退職してしまってるので、
あまり長引くようだとまた自宅介護に戻るかもですsweat02

ご心配おかけしましたsweat01
結構元気になってきたので、とりあえず安心ですcoldsweats01

ハナ

投稿: ハナ | 2009年7月 1日 (水) 07時32分

えらいね~
若いのにここまで真剣に考える若者は、そういませんよ!そして優しいなぁと思いました。
一つ一つの言葉に頷きながら、読みました。今私がめちゃくちゃ行動的なのは、間近に迫った介護へのウォーミングアップかもしれません。今を後悔しないように、これからも頑張れるように・・・力を蓄えなくちゃと思っています。

重い話だけど、とっても大事な話をありがとう(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン

投稿: みっぽっぽ | 2009年7月 1日 (水) 09時53分

みっぽっぽ様

いえいえ、私の場合、必要に迫られただけですからcoldsweats01

本当ですね。介護は始まると自分の時間は
本当に限られてしまいますもんねsweat02
でもその中でも、今の経験が支えになってくれると信じて、
頑張っていきましょうネbud
今のみっぽっぽさんは色んな事を経験されていて
素敵だなぁと思いますhappy01
夢中になれる何かを持っている人は、やっぱり輝いて見えますねshine

ハナ

投稿: ハナ | 2009年7月 1日 (水) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159990/30343711

この記事へのトラックバック一覧です: 年をとるということ:

« 小さなお客さん | トップページ | 7月のお試し体験 »